キャラクター紹介・考察 伏線・考察

【ワンピース】白ひげ海賊団のメンバー変遷と歴史【伏線・考察】

投稿日:2020-03-01 更新日:

これまで断片的に描かれてきた白ひげ海賊団の歴史とメンバー変遷を時系列順にまとめました。

※原作で描かれていない箇所はアニメや小説の情報から補足しています。



目次
・白ひげ海賊団隊長まとめ(最新)
・白ひげ海賊団初期メンバー
・海賊団拡大と隊長制度導入
・ロジャーVS白ひげ
・白ひげ海賊団のナワバリ拡大
・エースの加入
・マリンフォード頂上戦争
・落とし前戦争
・白ひげ海賊団残党の行方


白ひげ海賊団隊長まとめ(最新)

ワンピース 58巻SBSより引用

最新(2年前)の白ひげ海賊団隊長まとめです。

白ひげ海賊団は、
数十年の航海を続け1600人の大所帯となった海賊団を効率よく機能させるため、
16部隊5隻の艦隊で編成されています。

16人の隊長の地位は同等で、
番号が若いから必ずしも強いというわけではないみたいですが、
1番隊隊長マルコは白ひげ亡き後のリーダー格として扱われることが多くなっています。

また、傘下の43隻の海賊団との結びつきも強く、
頂上戦争時には全海賊団がエース救出に駆け付けています。


白ひげ海賊団初期メンバー

 

ワンピース 963話より引用

ワンピース 963話より引用

ワンピース 963話より引用

メンバー 30年前 2年前
エドワード・ニューゲート 船長 船長
マルコ(①) 見習い 1番隊隊長
ジョズ(②) 見習い? 3番隊隊長
ビスタ(③) 5番隊隊長
ラクヨウ(④) 7番隊隊長
キングデュー(⑤) 11番隊隊長
アトモス(⑥) 13番隊隊長
フォッサ(⑦) 15番隊隊長
ホワイティベイ(⑧) 傘下
アンドレ(⑨) 傘下
エポイダ(⑩) 傘下

30年前ワノ国上陸時の白ひげ海賊団メンバーです。

白ひげが所属していたロックス海賊団解散後、
仲間を集めて勢力を拡大していたという背景があり、
現在の隊長達はまだ全員揃っておらず規模が小さい状態です。

また、のちに白ひげ海賊団の傘下として頂上戦争に参戦した海賊船長たちの独立前の姿も見られます。


海賊団拡大と隊長制度導入

30年前~26年前に加わったメンバーを以下にまとめ。

この頃人数が増えてきたことにより隊長制度が導入されます。
(当時は5隊)

光月おでん/イゾウ/イヌアラシ/ネコマムシ

ワンピース 964話より引用

白ひげ海賊団がワノ国に上陸した際、
予てより海外へ出て冒険したかった光月おでん
そして従者としてイゾウイヌアラシネコマムシが新たに加入します。

白ひげは人の下に付けるタイプでは無かったおでんの乗船をロックス時代の教訓から拒みますが、
おでんの粘り強さに根負けし遂に乗船を認めます。

白ひげ海賊団に加入したおでんの実力と評判は世間に知れ渡り賞金首に。
隊長制度が導入され、おでんは2番隊隊長を任せられることになります。


マーシャル・D・ティーチ

ワンピース 965話より引用

28年前に身なし子ティーチ(現在の“黒ひげ”)が加入します。

ティーチはヤミヤミの実を手に入れるため白ひげの影に長期間潜伏することに。

96巻の表紙では、
シャンクスの左目に傷を付けた鉤爪も当時から装備していたことが確認できます。


ブレンハイム/クリエル/カルマ/アイルワン/キンガ

ワンピース 965話より引用

30年前~26年前に新しく加わったことが確認できるメンバーです。
仲間に加わった経緯に関する詳しい描写はありません。

「ブレンハイム」と「クリエル」はのちの9番隊と10番隊の隊長、
「カルマ」と「アイルワン」と「キンガ」はのちの白ひげ傘下の船長です。


ロジャーVS白ひげ

26年前、“とある島”でロジャー海賊団と白ひげ海賊団が邂逅・激突します。

ワンピース 966話より引用

2つの海賊団の激闘は3日3晩拮抗。

勝負後ロジャー海賊団と白ひげ海賊団は打ち解け、
白ひげ海賊団の新メンバーおでんに興味を示していたロジャーは、
おでんが“歴史の本文(ポーネグリフ)”を読めると知り、
おでんを仲間に誘います。

白ひげ海賊団に馴染んでいたイゾウを除き、
おでんとイヌアラシ、ネコマムシはロジャー海賊団へと引き抜かれるのでした。

ロジャーが海賊王になりロジャー海賊団解散後、
白ひげはロジャーと再会し“世界の秘密”を聞かされるほどの戦友になっています。


白ひげ海賊団のナワバリ拡大

24年前ロジャーが処刑され大海賊時代が始まると、
白ひげは「四皇」の一人と呼ばれるようになり新世界に君臨。
クロコダイルら「銀メダリスト」と呼ばれた海賊達を打ち負かしていきナワバリを拡大していきます。

以下、白ひげ海賊団ナワバリまとめ。

魚人島リュウグウ王国

ワンピース 645話より引用

大海賊時代が始まり、
魚人島は新世界の入口であるために海賊達の横行により荒れ果てていたため、
リュウグウ王国国王ネプチューンの親友であった白ひげは魚人島をナワバリにし、自身の名で国を守ります。

ジンベエはその事に恩義を感じていたため、
白ひげ海賊団の用心棒となり 後のエースとの決闘に至ります。


フードバルテン島

ワンピース 581話より引用

白ひげ死後に茶ひげ海賊団によって占拠された白ひげの元ナワバリの島。

茶ひげ海賊団はホーキンスによって崩壊させられたため、
その後フードバルテン島がどうなったかは不明です。


ハンドアイランド

ワンピース ハンドアイランドの冒険より引用

(※アニメSP「ハンドアイランドの冒険」で登場)

白ひげの死後に海軍基地が建てられ海軍准将ビリッチによって悪政が敷かれていた白ひげの元ナワバリの島。

島の蝋人形職人ジエゴは白ひげ海賊団とも出会っており、
自身が出会った海賊たち(白ひげ、マルコ、エース、ジョズ、ビスタ、イゾウ、スクアード、ホワイティベイなど)の蝋人形を作っています。

ビリッチはルフィに倒され更迭されました。


サンバ島

(※「プレミアショー2012」で登場)

頂上戦争後、
白ひげの元ナワバリであったサンバ島を自分のナワバリにしようと企んでいたのが白ひげ海賊団1番隊に所属していたカメレオーネでした。

カメレオーネはコピコピの能力で仲間に成りすまし海賊団の内部崩壊を計画、
白ひげ海賊団の鉄の掟“仲間殺し”を犯し脱退しました。

カメレオーネはサンバ島に立ち寄ったルフィ、ケジメをつけにきたマルコに倒されインペルダウンへ投獄。

その後、海軍中将バルザックによって編成された麦わらの一味を仕留めるための囚人部隊に加わるも、
即座にバルザックに反旗を翻し見せしめとして殺されます。


ポートチバラルタ島

(※「novel A」で登場)

オリバ一家が仕切っていた白ひげの元ナワバリの島。

オリバの先代が白ひげと縁を結び、
息子オリバが白ひげのナワバリでタブーとされる奴隷売買に手を出したためエースやティーチ達によって制裁が与えられます。

オリバ一家は白ひげ海賊団にワビを入れ廃業、
ポートチバラルタ島は白ひげの直轄に置かれました。


エースの加入

4年前、スペード海賊団の船長だったエースは名を上げるため白ひげに挑み敗北。

エースにロジャーの面影を感じて息子だと確信した白ひげは、
ロジャーの「息子を海賊王にしたい」という思いを汲んだのか、エースと仲間達の命を取らず自身の船に置くのでした。

白ひげは客分扱いで船に乗せたエースの身元預かり人に
当時の四番隊隊長兼料理長のサッチ、世話係にティーチを任命。

エースは働いた分だけ白ひげに挑み続け、
遂に負けを認めて白ひげのマークを背負うのでした。

白ひげ海賊団として活躍し始めたエースは、
おでんの脱退後ずっと欠番だった2番隊隊長に任命され、さらに名を上げていきます。

以下にエース加入以降の白ひげ海賊団のエピソードをまとめます。

スクアード

ワンピース アニメ472話より引用

ロジャーに仲間を全滅させられ酒に溺れていた“大渦蜘蛛スクアード”。

白ひげに拾われ傘下になったスクアードは、
エースがロジャーの息子であることを知らずにエースと親しくしていたため、
頂上戦争で真実を知り海軍にその動揺を利用されます。


ドーマとA.O

ワンピース アニメ461話より引用

当時、他の四皇の工作により白ひげの領海を切り崩そうとしていたのが、
後に白ひげの傘下になる“遊騎士ドーマ”や“A.O海賊団”です。

ドーマはエースに降伏させられ白ひげの傘下になり、
エースはこの活躍により2番隊隊長になりました。


リトルオーズJr.

ワンピース 555話より引用

スペード海賊団時代にワノ国の編笠村で笠の作り方を習っていたエースに
笠を編んでもらった白ひげ傘下のリトルオーズJr.

リトルオーズJr.はエースに貰った笠を気に入っていたことから、頂上戦争でエース救出のために奮闘しました。


ハクト

(※「プレミアショー2017」に登場)

2番隊に所属していた“疾風のハクト”は故郷ともしび島が海賊に襲撃され、
故郷を守るため隊を抜け出します。

追って来た隊長のエースはハクトとともに海賊を倒し、
島の灯台にメラメラの能力で火をともして自身のナワバリにするのでした。


ディカルバン兄弟

ワンピース アニメ461話より引用

エースとサッチの連携に敗れ傘下になったディカルバン兄弟。

その日の夜ヤミヤミの実を手にしたサッチが、
その実を探し求めていたティーチに殺害される事件が起こります。

エースとハクトは“仲間殺し”を犯して2番隊を抜けたティーチのケジメをつけに行こうとしますが、
ハクトはエースに2番隊を任せられ、エースは1人でティーチを追うため“偉大なる航路”を逆走するのでした。


マリンフォード頂上戦争

ヤミヤミの能力を手に入れ、黒ひげ海賊団を組織していたティーチにバナロ島で敗北したエースは、
海軍に引き渡され海軍本部を有するマリンフォードで公開処刑されることになります。

しかし、仲間の死を絶対に許さない白ひげ海賊団はエース救出のためマリンフォードへ乗り込み、
白ひげ海賊団VS海軍本部・王下七武海」の頂上戦争が勃発するのでした。

ワンピース 552話より引用

結果、白ひげが同じくエース救出に来たルフィを援護し、一度はルフィの手によって解放されるもエースはルフィを庇い赤犬に体を貫かれ死亡

白ひげはその後乱入してきた黒ひげ海賊団に射殺され、
ティーチにグラグラの能力を奪われてしまいます。

この頂上戦争によって、ティーチは前代未聞の二つの能力を得たことで瞬く間に台風の目となり、新しい時代が幕を開けるのでした。


落とし前戦争

(※「プレミアショー2017」参照)

現在から1年前、
白ひげとエースを失ったマルコ率いる白ひげ海賊団の残党達は
二人の命に報いるため黒ひげ海賊団と“落とし前”をつけに行きます。

ティーチは白ひげ海賊団の残党達が勢揃いする日を待ち望んでいたため準備万端でマルコ達を迎え撃ち、
白ひげ海賊団残党VS黒ひげ海賊団」の通称“落とし前戦争”が勃発するのでした。

ワンピース 820話より引用

結果、両者援軍を含む戦いに発展し、
シリュウとビスタが互角の戦いを繰り広げていたところに
黒ひげ傘下の“灰猫のグレイシー”が援護射撃したことによりビスタが負傷。
大きく流れが変わり白ひげ海賊団は惨敗してしまいます。


白ひげ海賊団残党の行方

頂上戦争から2年後ルフィ達が新世界へ進出した頃には、
“落とし前戦争”に敗れた白ひげ海賊団残党は消息不明とされていました。

以下に白ひげ海賊団再登場の可能性に関わる伏線などをまとめます。

エドワード・ウィーブルの進撃

ワンピース 802話より引用

ルフィ達がゾウに上陸した頃、
話題となっていたのが新しく王下七武海に加入した自称“白ひげJr”「エドワード・ウィーブル」と
自称“白ひげの愛人”「ミス・バッキン」でした。

ウィーブルは白ひげの遺産目当てでマルコ達残党を捜すバッキンに唆され、
既にA.O含む白ひげ傘下の海賊船長達16人を負かしています。

そして現在、ウィーブルとバッキンはマルコ達と頂上戦争で関わりを持ったルフィにも目を付けており、
今後の二人の動向が注目です。

【ワンピース】エドワード・ウィーブルとは?今後の予想【伏線・考察】


エースの火

(※「プレミアショー2017」参照)

白ひげ:いいかおめェら この火はおれ達家族の団結の象徴だ 迷ったらこの火を思い出せ この明かりが輝くほうへ舵を切るんだ そうすればきっと仲間に会える

“落とし前戦争”後、
マルコ隊長の無事すら確認できず白ひげの言葉を信じて故郷「ともしび島」に逃げてきたと言うハクトは、
島にやって来た麦わらの一味と出会います。

ハクト:おれ達は2年前エースを助けることが出来なかったばっかりかお前にも大きな傷を…すまない麦わら!!

ルフィ:おれはお前を責める気はねェ!!エースのために戦ってくれたんだもんな!!

ハクトはルフィ達の協力を得て、
黒ひげの名のもとに白ひげ海賊団残党狩りを行っていた“灰猫のグレイシー”率いる「BIG海賊団」を撃退、
黒ひげは標的を白ひげ海賊団から革命軍へ移したことで事なきを得ます。

黒ひげ:グレイシーの野郎しくじりやがったか!!まァいい 白ひげ海賊団はどうせ死に絶えた 放っておけ!! 戻れバージェス!! 面白ェ話があるんだ “革命軍の件”だ!!

その後、ハクトは白ひげ海賊団が再集結して立ち上がる日を信じ、
目印となる“エースの火”を島で守り続けることを改めて誓うのでした。



2015年8月21日放送の「ごきげんライフスタイル よ~いドン!」で、
プレミアショー演出の金谷さんが毎年「プレミアショー」の脚本は尾田っちに監修してもらっていると発言していたので、
原作外のエピソードとはいえ「プレミアショー2017」は“落とし前戦争”など原作やアニメでも省かれた重要な部分が詳細に描かれているので頭の隅に置いておきたいところです。


ワノ国

ワンピース 909話より引用

マルコの居場所に心当たりがあったネコマムシは白ひげの故郷「スフィンクス」を訪れ、
ワノ国でのカイドウとの決戦に助っ人を依頼します。

しかしウィーブルの脅威から島民を守るため島を離れられないマルコは
ネコマムシにルフィへの伝言を頼むのでした。

ワノ国と言えば、
白ひげ海賊団にはワノ国で光月おでんの家臣だったイゾウが所属していたので、
イゾウの助太刀が期待されますね。








-キャラクター紹介・考察, 伏線・考察
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ワンピース】アーロンのその後と帽子に隠された伏線【伏線・考察】

本記事では、“東の海”編でルフィに最後に立ちはだかった敵・アーロンのこれまでの紹介と再登場の可能性を考えてみます。 目次・アーロンの基本情報/プロフィール・アーロン帝国の野望・地上に憧れた幼少期・タイ …

【ワンピース】ルフィを徹底解説!【キャラクター紹介・考察】

本記事では、ワンピースの主人公モンキー・D・ルフィを紹介します。ルフィはワンピース読者にとって最も馴染み深いキャラであるため、説明不要かもしれませんが、見落としがちな部分や意外と気づかないポイント、 …

【ワンピース】ジンベエを徹底解説!【キャラクター紹介・考察】

本記事では、麦わらの一味の操舵手ジンベエを紹介していきます。 ジンベエの見落としがちな部分や意外と気づかないポイント、 気になる伏線もまとめているのでぜひチェックしてみてください 。 ・プロフィール・ …

【ワンピース】ロビンを徹底解説!【キャラクター紹介・考察】

本記事では、麦わらの一味の考古学者ニコ・ロビンを紹介していきます。 ロビンの見落としがちな部分や意外と気づかないポイント、 気になる伏線もまとめているのでぜひチェックしてみてください 。 ・プロフィー …

【ワンピース】ナミを徹底解説!【キャラクター紹介・考察】

本記事では、麦わらの一味の航海士ナミを紹介していきます。 ナミの見落としがちな部分や意外と気づかないポイント、 気になる伏線もまとめているのでぜひチェックしてみてください 。 ・プロフィール・技一覧・ …