まとめ

【ワンピース】サブタイトルの法則【まとめ】

投稿日:

ワンピースのサブタイトルには様々な法則が隠されていて、
そこから新しい考察や妄想が生まれてくることも。

というわけで、ワンピースのサブタイトルに隠された法則をまとめてみます。



仲間になるキャラクター

『~人目』の法則

第6話     “1人目”(ゾロ)

第68話   “4人目”(サンジ)

第94話   “2人目”(ナミ)

第439話 “3人目と7人目”(ウソップとフランキー)

第489話 “8人目”(ブルック)

麦わらの一味のメンバーが、

しがらみを越えて“真の意味で”麦わらの一味になった時に

付けられるサブタイトルです。



ナミとウソップは実際には2番目と3番目に乗船していましたが、

当初は真の意味で仲間になれていなかったため、

乗船時ではなく後からこのサブタイトルが付けられています。



このことから、“5人目”と“6人目”のサブタイトルはまだ付けられていないため、

今後チョッパーとロビンが真の仲間となるきっかけになるようなエピソードが

描かれることが予想できます。




『~登場』の法則

第3話     “海賊狩りのゾロ”登場

第8話     “ナミ登場”

第23話   “キャプテン・ウソップ登場”

第43話   “サンジ登場”

第139話 “トニートニー・チョッパー登場”

第157話 “エース登場”

仲間になるキャラクターの初登場時に使われていたサブタイトルです。



見て分かる通り、この法則は“エース登場”で途絶えてしまっており、

理由はおそらく仲間になるキャラクターが分かってしまうためですw



当時の読者の間では、

この法則があったためにビビとエースのどちらが仲間になるのかで議論がされていて、

尾田っちに踊らされていたのだとか…。

(結果はまさかのロビンでしたが)




ゾロの刀

第97話   “三代鬼徹”

第955話 “閻魔”

仲間になるキャラクターと同じように、

ゾロが最終的に手にする刀”にも法則があるかもしれません。



現時点でサブタイトルになっているゾロの刀は“三代鬼徹”と“閻魔”だけで、

ゾロが手放した“雪走”と“秋水”はサブタイトルになっていません。



注目なのは、

最後の一本として今後“和道一文字”がサブタイトルになるかどうかです。




“偉大なる航路”の島々

『~の冒険』の法則

第115話 “冒険のリトルガーデン”

第133話 “名もなき国の冒険”

第162話 “砂の国の冒険”

第245話 “神の島の冒険”

第304話 “長い島の冒険”

第324話 “水上都市の冒険”

第442話 “魔の海の冒険”

第444話 “ゴースト島の冒険”

第497話 “シャボン舞う諸島の冒険”

第515話 “女ヶ島の冒険”

第526話 “大監獄の冒険”

第606話 “深海の冒険”

第609話 “魚人島の冒険”

第656話 “燃える島の冒険”

第701話 “愛と情熱とオモチャの国の冒険”

第711話 “小人の国の冒険”

第804話 “象の背の国の冒険”

第831話 “不思議な森の冒険”

第911話 “侍の国の冒険”

○○の冒険」の法則。

“偉大なる航路”で麦わらの一味が冒険感のある島に上陸した際に

つけられるサブタイトルです。



ルフィの趣味が冒険でもあり、

冒険がこの作品の醍醐味の一つであることが分かります。



他にも

“ビビの冒険”(216話)、

“オーズの冒険”(462話)、

“サボの冒険”(794話)、

“おでんの冒険”(964話)、

“ロジャーの冒険”(967話)といったタイトルも。




アラバスタ

第186話 “4”

第189話 “2”

第196話 “1”

第210話 “0”

アラバスタの最終決戦で

バロックワークス幹部が麦わらの一味に敗北した回に

それぞれのコードネームの番号がサブタイトルに。



決着までのカウントダウンのように捉えることもできますね。




空島

第251話 “序曲(オーバーチュア)”

第254話 “夜明曲(オーバード)”

第267話 “行進曲(マーチ)”

第268話 “組曲(スウィート)”

第269話 “協奏曲(コンチェルト)”

第270話 “小夜曲(セレナーデ)”

第272話 “戯曲(プレイ)”

第273話 “五重奏(クインテット)”

第274話 “聖譚曲(オラトリオ)”

第275話 “神曲(ディビーナコメイディア)”

第285話 “狂想曲(カプリッチオ)”

第293話 “舞曲(ボレロ)”

第297話 “大地讃称”

第298話 “島の歌声(ラブ・ソング)”

第299話 “幻想曲(ファンタジア)”

第300話 “交響曲(シンフォニー)”

第302話 “最終楽章(フィナーレ)”

空島編で本編の状況に合わせて様々な音楽用語がサブタイトルに。



“島の歌声”は大鐘楼の鐘の音を意味していて

本編のキーワードにもなっています。




ロングリングロングランド

第306話 “ドーナツレース!!”

第310話 “グロッキーリング!!”

第314話 “コンバット!!!”

デービーバックファイトの競技名がそれぞれサブタイトルに。



最終種目のコンバットは“!”の数が増えています。




シャボンディ諸島

第503話 “荒立つ島”

第508話 “修羅の島”

第600話 “再出発の島”

○○の島」の法則。

サブタイトルで島の様子を表す形容詞が次々と変化したことで、

当時のシャボンディ諸島の転々と移りゆく島の状況や“うねり”が

一目で分かるようになっています。



新世界編のシャボンディ諸島でも

この法則が引き継がれているのが面白いですね。




インペルダウン

第527話 “LV1 紅蓮地獄”

第529話 “LV2 猛獣地獄”

第531話 “LV3 飢餓地獄”

第533話 “LV4 焦熱地獄”

第536話 “LV5 極寒地獄”

第538話 “LV5.5番地ニューカマーランド”

第540話 “LV6 無限地獄”

見たままですが、
それぞれの地獄の名称がサブタイトルになっています。




ゾウ

第803話 “登象”

第822話 “下象”

ゾウを登る際と下りる際に使われたサブタイトル。

もちろんそんな言葉はありませんがw




ホールケーキアイランド

第861話 “演技派”

第862話 “頭脳派”

第863話 “義侠派”

○○派」の法則。

ホールケーキアイランド編の結婚式で第三者から見ると、

サンジは演技派、ルフィは頭脳派に見えることからこのサブタイトルが。

ジンベエの義侠派だけが本物ですね。




関連性のあるサブタイトル

サブタイトルのポリシー

第221話 “怪物”

第569話 “白い怪物”

第764話 “ホワイトモンスター”

尾田っちの「サブタイトルは絶対に被らせない」というこだわりが感じられる例です。



長期連載になればなる程サブタイトルが被ってしまう危険性も増していき、

実際に第569話のサブタイトルはジャンプ掲載時には“怪物”で、

第221話と被ってしまったということがありました。



しかし、単行本化された際にはしっかりカッコいいサブタイトル“白い怪物”に修正されていたり、

のちの第764話でも同じ意味の言葉でありながら

英語の“ホワイトモンスター”になっているという工夫が見られました。



ちなみに単行本化の際に修正されたサブタイトルは他にも

「第824話“海賊ごっこ”→“気まぐれ”」があります。




『~にて』の法則

第237話 “上空にて”

第619話 “海の森にて”

○○にて」の法則。

場所を表す「にて」という言葉が、

上空と海底という非現実的な場所で使われるのが面白いです。




『(天気)ときどき○○』の法則

第453話 “くもり時々ホネ”

第670話 “吹雪ときどきSlime”

非日常的なものが降ってくるときに使われる法則。




慣用句もじり

第296話 “最空局面”

第873話 “八方塞菓子”

慣用句の一部が

各シリーズの世界観を表した漢字に置き換えられてサブタイトルに。




『~宣言』の法則

第763話 “人間宣言”

第801話 “開幕宣言”

ドンキホーテ親子それぞれが行った宣言がサブタイトルに。



ドフラミンゴの父ホーミング聖が天竜人から人間になる“人間宣言”をして、

息子のドフラミンゴが覇権争いの“開幕宣言”をしました。




ロジャーが残した言葉

第145話 “受け継がれる意志”

第172話 “反乱(うねり)”

第225話 “人の夢”

ワンピース 100話より引用

第100話のロジャーのセリフにある

止めることのできない3つのもの”がサブタイトルになっています。



受け継がれる意志”はヒルルクの最期の回、

反乱(うねり)”はアラバスタの反乱の火種が膨れ上がった回、

人の夢”はティーチが「人の夢は!!!終わらねェ!!!!」と言った回で付けられています。




ロマンスドーン

第1話 ROMANCE DAWN -冒険の夜明け-

第601話 “ROMANCE DAWN for the new world” -新しい世界への冒険の夜明け-

ワンピース連載前の読切のタイトルにもなった

ROMANCE DAWN”が超新星編と新世界編の始まりのサブタイトルに
それぞれ使われています。




ギア

第388話 “ギア2”

第421話 “ギア3”

第784話 “ギア4”

ルフィの新しいギアが披露された回で

それぞれのギアがサブタイトルに。




そのほか連続性のあるサブタイトル

第29話   “坂道” → 第35話 “ネオ坂道”

第45話   “嵐前” → 第49話 “嵐”

第389話 “応答” → 第390話 “応戦”

第487話 “あの唄” → 第488話 “命の唄”

第884話 “誰だ” → 第885話 “ブリュレだよっ!!!”

各シリーズで連続性があり、

単体で見るより繋げて見たほうが面白いサブタイトルです。




元ネタのあるサブタイトル

第39話   “誰が為に鐘は鳴る”

第83話   “ルフィ IN BLACK”(Men in Black)

第120話 “赤鬼が泣いた”(泣いた赤鬼)

第215話 “Last waltz”

第250話 “玉ドラゴン”(ドラゴンボール)

第259話 “あふことは片われ月の雲隠れ”(柿本人麻呂の和歌)

第297話 “大地讃称”(大地讃頌)

第461話 “ゴーストバスター”(ゴーストバスターズ)

第511話 “鉞かついだ戦桃丸”(きんたろう)

第572話 “The Times They Are A-changin’” -時代は変わる-

第612話 “助けたサメに連れられて”(浦島太郎)

第649話 “タイやヒラメの舞い踊り”(浦島太郎)

第849話 “鏡の国のチョニキ”(鏡の国のアリス)

第890話 “船の上のビッグ・マム”(崖の上のポニョ)

第913話 “鶴の恩返し”

第939話 “老いたる豹は路を忘れず”(老いたる馬は路を忘れず)

第953話 “一度狐”(七度狐)

偶然のものもあるかもしれませんが、

元ネタがあると思われるサブタイトルの一覧です。










-まとめ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ワンピース】海軍階級&メンバー一覧まとめ【随時更新】

本記事では、ワンピースに登場する海兵のメンバーと異名・掲げる正義を階級順にまとめました。 アニメやゲームオリジナルのキャラクターも含みます。 海軍階級メンバーまとめ 名前 所属/異名など 掲げる正義 …

【最新版】ワンピース年齢まとめ【随時更新】

ワンピース登場キャラクターの年齢をまとめました。ジャンプ最新話までの原作キャラクターに加えて、アニメなどのオリジナルキャラクターも網羅しています。 目次・年齢まとめ・享年まとめ  年齢まとめ …

【ワンピース】ビブルカード番号リスト【随時更新】

ビブルカード図鑑のキャラクター番号と収録パックをまとめました。  ビブルカード番号リスト 表の「収録パック」の番号は以下の番号と対応しています。 1.STARTER SET Vol.12.BOOSTE …

【ワンピース】覇気が使えるキャラクター【随時更新】

現時点で判明している覇気が使えるキャラクター(アニメやゲームオリジナルキャラクターも含む)のまとめです。情報はジャンプ最新話までのもので、随時更新します。 ※曖昧な描写が多いので判明箇所は間違っている …

【最新版】ワンピース身長・体重まとめ【随時更新】

ワンピース登場キャラクターの身長・体重をジャンプ最新話までの情報(原作以外も含む)でまとめました。 キャラクター以外の高さ・重さも記載しているので参考程度に。 目次・身長まとめ・体重まとめ &nbsp …