ジャンプ最新話

【ワンピース】961話「山の神事件」考察・感想

投稿日:

ジャンプ最新話の考察・感想記事です。ジャンプ最新話のネタバレにご注意ください。

目次
・山の神事件
・41年後の子猪
・コマ使い
 

山の神事件

前回、錦えもんが白猪の子を持ち込んだことで“山の神”と呼ばれる親猪が襲来し壊滅の危機に陥った花の都。
次々と人や家を飲み込んでいく“山の神”を目の当たりにしながら、更にお鶴までもが“山の神”に食われたことを聞かされた錦えもんは、“山の神”に立ち向かうも全く歯が立ちません。
錦えもんの「おれのせいで鶴が死ぬならおれも死にたい」という思いは、現在のおこぼれ町で錦えもん達を庇い犠牲になった鶴のために自棄になった錦えもんの行動にも通じるものがあります。

ワンピース 961話より引用

そんな中、子猪を自分が持ち込んだかのように見せたおでんが“山の神”を引きつけ「おでん二刀流 桃源白滝」で両断するのでした。
おでんの技名はおでんの具材シリーズのようですw

ワンピース893話より引用

41年後の子猪

ワンピース 961話より引用

おでんが猪の進撃を阻止したことで、花の都は四分の一を失うも人命は奇跡的に助かります。丸飲みされた人々は胃の中に町を作っていたという伝承があるぐらいで、こういう部分も空島のノラを連想させられます。もし、41年後の現在で子猪が生存して成長していたら、お玉の能力で従えることでルフィ達にとって絶好の隠れ家になるかもしれません。


ワンピース 961話より引用

それと、今回と前々回に描かれていたホールデムらしき祈祷師が気になるところです。40年以上経過しているので本人ではないにしろ、血縁関係はあるのかもしれません。繋がりがあるのであれば、この祈祷師は“山の神”がかつて郷を全壊させた事件を信じているので、その話がホールデムに伝わっている可能性がありそうです。

ワンピース 915話より引用

ホールデムがお玉の能力に利用価値を見出したのは白猪を従えようとしていたからとも考えられそうです。
 

コマ使い

おでんは事件直後に将軍スキヤキからの「絶縁」と「都追放」を言い渡され、おでんに惚れた錦えもんと元からおでんを尊敬していた傳ジローも同行し、花の都を後にします。

3人は白舞の大名・康イエの城を訪れ、そこで康イエのコマ使いとして働くオロチと出会います。そのオロチの姿には現在の面影は無く、康イエとオロチの立場は完全に逆転しています。

ワンピース 961話より引用

オロチはこの後おでんに大恩を受けることになり、「オロチ二刀流」という技も今回判明した「おでん二刀流」から影響を受ることが窺えます。ここからおでんとオロチの関係とオロチの成り上がりがどのように描かれるのか注目したいところです。







-ジャンプ最新話
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ワンピース】963話「侍になる」考察・感想

ジャンプ最新話の考察・感想記事です。ジャンプ最新話のネタバレにご注意ください。 目次・歴史の残り火・ワノ国の守り神・白ひげ海賊団上陸  歴史の残り火 前回から6年(33年前)の月日が流れ、ゾウからワノ …

【ワンピース】986話「拙者の名前」考察・感想

ジャンプ最新話の考察・感想記事です。ジャンプ最新話のネタバレにご注意ください。 目次・赤鞘九人男集結・オロチ軍の選択・飛び六胞とナンバーズ・討ち入り 赤鞘九人男集結 鬼ヶ島裏口に到着した錦えもんと傳ジ …

【ワンピース】962話「大名と家臣」考察・感想

ジャンプ最新話の考察・感想記事です。ジャンプ最新話のネタバレにご注意ください。 目次・受け継がれる意志・おでん道中記・九里の制圧と霜月牛マル  受け継がれる意志 都を追放されたおでんが白舞に辿り着きオ …

【ワンピース】952話「日和と河松」考察・感想

ジャンプ最新話の考察・感想記事です。ジャンプ最新話のネタバレにご注意ください。 目次・ゾロと神・親分達の右目・牛鬼丸と河松 ゾロと神 前回から1日経過し、「おいはぎ橋」ではゾロが秋水を取り戻すため、再 …

【ワンピース】987話「忠臣錦」考察・感想

ジャンプ最新話の考察・感想記事です。ジャンプ最新話のネタバレにご注意ください。目次・カイドウの鱗・オロチの生死・マルコとペロスペロー・風花 カイドウの鱗 前回の赤鞘の討ち入りによって城から突き落とされ …